特徴

ⅠⅠ.営業改善ツール

は操作ボタン

① 上記の操作は、メッシュ単位のほか、行政単位(都道府県、市区町村、町丁目)でも可能です。
② 上記のように、営業情報(商談情報、案件情報、顧客情報)を地図上にプロットすることが出来ます。